すべてがNになる

何とか某国大学院を修了し社会人2年目になった人間のふざけた話と真面目な話。

昔の話

女子高生だった私が暗闇でおじさんと遭遇した話

世の中は理不尽なことで溢れている。 夜10時。 九州の某県の県庁所在地に住んでいた当時高校二年生の私は、一人暮らししている学生マンションの裏口から徒歩3分のコンビニへ向かっていた。 そのコンビニへ近道を使っていくには、道幅は広いが電灯が全くなく…