すべてがNになる

何とか某国大学院を修了し社会人2年目になった人間のふざけた話と真面目な話。

最近観た映画:「究極のハピネスを求めて」(ドキュメンタリー映画)

Netflixで視聴。ドイツ人カップルのフェリックスとモーグリ、そして飼い犬ルディが、自分たちで改造したスクールバスで北米〜中南米を旅するドキュメンタリー映画

まず、アメリカで中古のスクールバスを購入して、内装を自分たちで生活できるように作り上げて行くんだけど、出来上がった空間が本当に素敵でおしゃれで感動。

旅の始まりは東海岸側からで、すぐカナダに北上し、西に向かってカナダを横断。その間遭遇するカナダの自然が本当にすごい。実際に自分の目で見てみたいと心の底から思った。その後アラスカに北上。そして、西海岸沿いをアメリカ目指して南下。そのまま西海岸を南下し、メキシコへ。

アメリカ入国でのトラブル、バスの不具合、メキシコでの麻薬ディーラーとの遭遇と、一生の友人との出会いなど、これがフィクションではなく、現実世界であるというのが生々しくて、リアルでまた良い。終わり方なんて映画じゃ絶対ないだろっていう展開。それが良いんだよな〜。

2人のカップルの前向きさと優しさも映画の魅力の1つなんけど、私がこの映画が好きだと思った大きな要因は、作中に使われてる音楽がめちゃくちゃ素敵だから。

しかもこの音楽全て、カップルの女性のモーグリが作ったもの。

Grace VanderWaalのような透明感のある声。

あと彼女がバスの中で作るご飯もとても美味しそう。

ファッションも素敵。

男性のほうのフェリックスもおしゃれ。

 

この映画のおかげで、私がいつも抱える仕事の悩み、将来の不安を全て忘れて、自由で前向きな気持ちになれた。

世界は広いし、美しいものに溢れてる。自分の目で直接見て、その空気を吸いたいと思ったし、そのためには英語をもっと自由に使えるようになりたいと思った。

 

Into the Wildを彷彿とさせる映画。

 

お母さんに観て欲しいな〜。

 

幸せ

今エリカさんの「ニューヨークの美しい人を作る『時間の使い方』」を読んでる。

 

その中で

「あなたが自分の人生を歩む理由は、他人から高い評価を得ることではなく、自分が幸せになるためです」

「周囲が一番願っているのは、あなたの幸せです。そして、あなたが願うのも自分の幸せです。だから、何も心配せず、自分にとって何が幸せかを考え、決断していきましょう」

と書かれてる。

 

私にとって「幸せ」ってなんだろう。

 

結婚して、こどもたちと楽しい毎日を過ごすこと?→YES

仕事で重要な役割を与えられて、お給料もあげて、みんなに尊敬されること?→NO

 

 

私は仕事に何の幸せも求めてない。

まだみえてこないだけ?楽しい、続けたいと思える仕事をしてないだけ?

なんで仕事しないといけないんだろう?

お金がないと生活できないから?うん。

みんな仕事してるから。してないと下に見られたり、心配されたりするから?うん。

 

楽しい、時々辛いことがあっても一生続けたい、と思える仕事がしたい。

 

今の仕事はそんなこと感じられない。

何の意味があるんだろう。

私は何も生み出してない。

私の代わりはたくさんいる。

 

ばかなこと言ってんじゃないよと言われるけど、私にしかできないことをしたいと思ってしまう。

 

私はどうすればいいんだろう?

 

結婚して、こども産んで、好きな仕事したい。それが私の幸せなのかな。

日本に住みたい。時々海外に旅行に行きたい。

できたら熊本に住みたい。

のんびり、自分のペースで生きて行きたい。

洋服も好きな服を着たい。

好きな音楽を聞いて、時々好きな人たちとカラオケに行って好きな歌を歌いたい。

ライブにも行きたい。

好きな本を買いたい。

美味しいコーヒーを飲みたい。

政治や経済の話をしたい。

お笑い話もしたい。

 

今書いてて思ったけど、私の幸せは私が今まで経験してきたことしかない。

てことは新しい経験をしたら、新しい私の幸せが見つかるのかな。

わからない。

けど、新しいことしてみたくなった。

 

そして自分の幸せを増やして、その中で少しでも満たせればいいのかな。

全部みたしたくなって、結果不幸になるのかな。

 

は〜、わかんない。

 

自分が少しでも前に進むためのきっかけ

担当施設が変わった1ヶ月前、辞めたいの極地にいたときに、えりたさんの『地元で広告代理店の営業女子始めました』を本屋で見つけ即購入した。

営業ほんと向いていないなと思っていたのと、女性営業っていう立場が身近にいないので、何か現状打破のきっかけになればという理由で。

 

業界は違うけれど、本を読んでから少しが元気が出た。

 

それからえりたさんが定期的に漫画をアップしてるインスタを読み漁り、楽しんでいた。

 

今日はえりたさんがインタビューされた記事を読んだ。

www.pasonacareer.jp

 

久々に「こんな仕事辞めてしまいたい」と思っていた日だったので、この記事のタイトルにいつも以上に惹かれてしまった気がする。

 

 

この記事で一番響いたのは、「誰かの役に立ちたいとか他人を軸に考えないこと。自分の成長のためとか自分を軸に考えることが大事」という部分(意訳してますが)。

 

最近読んでた永田潤子さんの『女子の働き方:男性社会を自由に歩く「自分中心」の仕事術』にも似たようなことが書いてあって、「会社や仕事で関わる人はあくまで第三者で、自分は自分のために生きなきゃいけないんだ。自分軸で動くことが大事なんだ」と改めて実感。

 

 

女子の働き方 男性社会を自由に歩く「自分中心」の仕事術

女子の働き方 男性社会を自由に歩く「自分中心」の仕事術

 

 

 

毎日の成長のきっかけをくれるのが仕事。

 

 

今日も大失敗をして泣いて、上司と電話したりしたけど、それも自分の成長には必要なことなんだ。

 

誰かと比べるんじゃなくて、少しでも昨日の自分より成長できればおっけー。

 

よし、寝よう。

いつかこのみじめな気持ちが同じように悩む人の役に立つために

私は勤労意欲が低い。

 

毎日働きたくない、家で寝てたい、と考える。

出世もしたくないし、きついことはいやだ。

 

おかげ様で、仕事はさぼりまくっている。

でもさぼりまくると同時に、良心の呵責と後悔が襲ってくる。

 

ふと「今日は疲れたし、早めに切り上げるか(あと1時間別の得意先訪問できるけど)」

と考え、家に帰ると

「あー、なんでもうあと一踏ん張りしなかったんだろう。競合のA社のKさんは今も訪問しているんだろうな。どうしよう。」

と考える。

 

おかげで数字は下がっている。でも大丈夫。

何とか生きてるし、時々いいことがあるから。笑

 

例えばK先生とこの前初めてすっごく話が盛り上がったとか、K部長と趣味の話で盛り上がって少しは名前と顔覚えてもらえたかもとか。

 

私は製品じゃなくて、自分を売り込みたいと思う。

 

この子と話すと元気でるな〜とか、

この子は役に立つ情報を教えてくれるな〜とか。

 

特に、一緒に話してると楽しいなって思える存在になりたい。

 

明日もそんな心意気で働きます。

数字とか、会社のノルマの達成度とか、そういうのは無視させてもらいます。

 

私は私らしく、明るく、元気に、へらへらしながら、全てをネタに変えて生きて行く。

 

こんな感じだから、「私何やってるんだろう。ダメ人間だな。」って思う人も、ヘラヘラ明るく過ごしていけばいいと思う。

 

数字なんて何のあてにもならないからね。

(営業として終わっててすみません)

 

いつまで経っても女性が増えない私の職場

私は昨年9月から営業の中でも所属が変わった。

上司は変わらないのだが、それ以外のメンバーは全員変わった。

 

その中で私の教育係になった先輩Aさん。

野心があって、仕事熱心。50代のベテランメンバーが多い中、年下ながらうまくチームを引っ張っていこうと頑張っている。

 

そんな先輩の思想が私は大嫌い。

「お前には女だからって結婚したら仕事やめるとかしてほしくないな」

 

は????

 

私は一度もA先輩に結婚したら〜って話をしたことがない。

なのに「女は結婚したら仕事をやめる」「女は結婚するまでのつなぎでしか仕事を考えていない」という偏見で、私の考えも聞かずに平気で上記のことを言ってくる。

 

女性が仕事をやめる理由を考えたことがあるのだろうか。

・旦那さんが離れた場所で働いていたら?今の仕事を続けたいけど異動できるかわからない。もしくは旦那さんをこちらに呼びたくても、向こうが異動できない職だったら?

・男性がマジョリティのこの職場で女性は常にマイノリティで孤独を感じやすい

・出産とともにキャリアに断絶が起こる。キャリアプランを描き辛い。

・体力的に女性は男性に劣っている。そんな中同じ仕事をこなすことは無理。

・顧客も男性には慣れているけど、まだ女性には慣れていない。セクハラ、パワハラも横行してる

 

ぱっと思いつくだけでも、これだけ私がこの職場をやめる理由が出てくる。

結婚はきっかけでしかなく、私の仕事場は女性に全く優しくない。

 

D先輩と話したい。

このくそみたいなチームにいたくない。

男性上司は多様な人たちがいるのに、女性上司になってる人たちはほぼ独身で、気が強くて、賢い人たちばっかり。多様性なんて感じられない。

 

上司に「お前は野心がないから本社派遣には出せないかもな」と言われた。

本社にいけないのなら私がこの会社にいる理由もない。

早く仕事を辞めてしまいたい。

 

 

明日から仕事いやだな。

きちんと生きれない

最近改めて自分は誰もが当たり前にやってることがきちんとできないと感じてる

 

学校もまともに通わず、(小学生:2年生の時1学期間休む不登校児、中学生:意味もなく時々休む、高校:ずっと休み気味で高3の一学期間は丸々登校拒否、大学:理由もなく休んで単位を落としまくる)

 

仕事もまともにやらず、(外勤でばれないことをいいことに1日中家にいる)

 

掃除も洗濯もぎりぎりまでせず、

 

自炊もやらず、

 

朝起きれず、

 

家にひきこもってネットばかりして、

 

友達と会うのもいやで、人と会話するのもいやで。

 

 

 

今までここまで生きてこられたのが奇跡みたい。

でもなんでこんなふうになるんだろう。

 

できなくてもなんとかなってきたから?

 

学校行かなくてもすぐ追いつけたし、友達もいたし、進級も進学もできたし、仕事も始められたし、今のところ仕事もやめさせられてないし。

 

ちょっと家に帰ったとき、使えるコップがないと憂鬱になったり、明日着て行く服がないと憂鬱になったり、ゴミだらけでやだなとなったり。

 

そんなちょっとの不利益しかないから変わらないのかな。

 

でも今ものすごくこんな自分がいやだ。

 

 

 

同期の年下の子は今日も仕事して、休みの日は旅行に行って、仲間に囲まれてて。

 

私は何の実績もなく、1人で、何をしているんだろう。

 

肌も汚いし、大切な人もいないし。

 

死んでもいいやって思うことも多いし。

 

 

イギリスにいたときってこんな辛かったかな。

なんで言葉も通じて、大好きなものも多い日本でこんな悲しい気持ちになってるんだろう。

 

なんだか全てやめてしまいたい。けど逃げたらこのままだし。

どうしたら変われるんだろう。

自分のために頑張ればいい

「仕事辞めたいです」

 

その言葉を使わずに、何とか私の最近の心境をN先輩に伝えようとしていたら、

腑に落ちない言葉ばかり出てきた。

 

「このチームのために頑張ろうと思えない」

「いろんな責任が一気に降ってきて、いっぱいいっぱいです」

 

 

そんなこと言ってたら

「誰かのためにとかどうこうより、自分のためにまずは頑張ればいいよ。

前のチームでも誰かのために頑張ってたことないでしょ」

 

 

あ〜伝え方間違ったと思った。

「私はこのチームの人たちが嫌いです。某製品のリーダーやらされてますが、ただでさえいやなリーダーという仕事で、リーダーとしての仕事を全うする気になれません。せめて、自分1人で頑張らせてくださいって感じです」

 

「今のチームには前のチームにあったような『失敗しても大丈夫』という安心感がありません。Aさんからは『おいおい、本当に大丈夫か?病院担当だろ?』と言われるし。私だって自分が身の丈にあってない役割を任されてることなんてわかってるのに」

 

というのが本音。

今のチームには嫌いな人が1人、苦手な人がたくさん。

 

 

 

せめて、前のチームメンバーだったら。

今まで扱ったことない製品でも、病院担当でも、リーダーでも、頑張れたかもしれない。

 

でも今はもうこの会社にいたくないと思う。

前は朝会社に行くのが楽しみだったのに。

 

 

でも、N先輩の言う通り、

「自分のことしか考えずに過ごそう」と思った。

それにもう何も言われたくないから、やるべきことは一番にする。

で朝はカフェに行って美味しいコーヒー飲みながら仕事する。あんなクソみたいな営業所にはいたくない。

 

 

よし、来年三月まで走り切ろう。